日本の Version

Nils Wandrey

アリゲーターファーム

ロックンロールの絶叫ライド

アリゲーターファームは音楽家の僕にとっての新な故郷。

僕だけのロックンロールランド:作詞、作曲、レコーディング、演奏―好きな事をやれる場所さ
その結果、近日アリゲーターファームのアルバムをリリースする事が決定しました。中にはロックンロールの大御所もフィーチャリングされていて、アーティスト自身の才能そしてクレイジーな感じがこのレコードを真のロックンロールへと導かせてくれるのだ。

「あの、もしかしてクラッキンアップのヴォーカルの・・・じゃなくてコタックのベースの方ですよね?」

はい。。。

12歳の時、スコーピオンズ、
Mr.ビッグ、ボンジョビ、初期のグリーンデイなどに影響されてクラスメイトと一緒にロックバンドを始めたのがきっかけで、その後バンド名:“クラッキンアップ”が結成された。

これまで
CDを5つリリースし、あらゆるラジオや演奏の場面で賞を獲得。音楽フェスティバルにも出させてもらい(例:3 times Deichbrand)、ドイツでは全て制覇し、Pur and Totoの前座からMotörheadのアフターショーパーティー、日本ツアー(東京、名古屋、大阪、神戸、京都)、そして3つのレーベルからのオファーもバンドのためを考え却下した(もちろん他の理由も多々あったが)。

結果世界中の人達からそれぞれの街での演奏リクエストが耐えなかった。

インディーズバンドとしてはある程度成功を納めたのだが、バンドとしてはこれ以上うまくやって行けなかった。ブレイクがなかったからだ。世間のせいでも俺らのせいでも正直、どうでもいいじゃん?!

でも・・・この狂った経験で一つ学んだ事は:

全て自分でやらないと絶対に出来ない
。。。ただ座って喋ってないで、何かやれよ!

で、クラッキンアップの解散から今、沢山の曲を書き、自分のスタジオも改築し、技術力もアップしてインディ−ズアーティストとして自分の時間をもっと大切にもつ事に励んだ。そして新しいアルバムに向けてアレンジとレコーディングをはじめ、自分と正直に向き合って限界を試すようになった。一人でやる事、それは果たしてメリットなの。。。それともデメリットなのか。。。まぁ、あまり深く考えません!

今まで何度も3、4人同じ思考を持った奴らとバンドを組もうとした。実際一人でやるのは苦手だからね。

そしてつい最近、昔から一緒にツアーなどで仲が良かった友達、ジェームス・コタックから連絡があり、コタックのバンドのベースプレイヤーになって、エッジガイと共にヨーロッパツアーに参加しないかと誘われた。ロックンロールのアイドルから誘われるなんて、もちろん行くに決まってでしょ!!!

2011の9月と10月にツアーバスでスウェーデン、ドイツ、チェコ共和国、イタリア、スイス、フランス、そしてスペインで全て完売したショーの演奏にまわった。その時正直に本当の自分、本当にやりたい事、手に入れたいものを見つけたんだ。

アリゲーターファームは俺の人生にとって次のステップ。皆も知っての通り、他の奴ら(コタック)は現在アメリカにいる―もちろん、ジェイムスがスコーピオンズとツアーしていなければの話だけどね。俺らはいつも連絡を取り合っていて、作曲やアイディアを交わしたりもする。でも自分の音楽を作る時間も十分あるのさ。

このサイトを作成した理由は、自分が大好きな事:作曲、レコーディング、演奏、そして
PV作成を皆とシェアしたかったから。いつか自分の尊敬するアイドル達の用に、俺の音楽を聴いてそれが何かのきっかけとなってくれれば嬉しいと思ってるよ。ちょっとクサイかもだけど、本当にそうなんだ。

クラッキンアップはもう過去。これからどこへ向かうか分からないけれど、それで良いと思う。あまり悩まない事にしてるよ。好きな事をやって、楽しんで、想像力を思う存分発揮出来ればそれで良いのだから。この旅に皆を招待するよ。

近日リリースするアリゲーターファームのアルバムは実際ソロだけではなく、僕が尊敬する素晴らしいアーティストが沢山フィーチャリングされる:ジェームス・コタック(スコーピオンズ)、フィレックス・ボンク(エッジガイ)やルイズ(40サイクル・ハム、コタック)その他色々。

これはロックンロールの絶叫ライド。

今の所本当にいい感じに仕上がってるんで、お楽しみに!


最後まで読んでくれてありがとう!ROCK 'N' ROLL FOREVER!